高品質のちらし印刷を求めるなら業者を比較してから決める

  1. ホーム
  2. 自前制作と外注の比較

自前制作と外注の比較

名刺

外注でも安い

今の時代、コストダウンは企業や店舗運営の絶対条件となっています。従って、名刺を自前で製作している企業、店舗は数多く存在しています。ただ、外注したとしても名刺は、以前に比べるとコストダウンできることを知っておいた方が良いと言えます。どうしてコストダウンができるのかというと、そのからくりは印刷会社が印刷のみを行っているからです。印刷会社は名刺のデザインは企業や店舗に任せて、デザインデータを入稿してもらっているのです。つまり、名刺製作を分業しているのであり、印刷会社の仕事内容が減った分、コストダウンされているというわけです。名刺を自前で製作できるということは、デザインも作れるということですから、このような分業、そしてコストダウンが可能になったのです。

外注する意味

もっとも、外注がコストダウンしたといっても、当然、自前制作の方がコストダウンができます。しかし、そうであっても、外注するメリットはあります。メリットとは、品質です。印刷会社は市販のものよりも遥かに高性能な印刷機を使っていますから、印刷の質の違いは歴然です。また、印刷会社は市販されていない高品質な用紙を使用しますから、用紙の違いも明らかです。こういったことから、印刷会社が製作した名刺と自前で製作した名刺は品質に大きな差があり、違いは明白です。名刺は企業や店舗、その社員や店員を印象づける重要なビジネスアイテムであり、当然、品質が良い名刺の方が好印象を与える可能性は高くなります。よって、名刺を外注することは大いに意味があることなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加